« G大阪-浦和 | トップページ | 突っ張りマニア »

2006年3月 5日 (日)

広島-鹿島

いやはや、前途多難です。

まず、関東からビックアーチは遠いっす。負けると特に気が重いこと。バスツアーの皆様お疲れさまでした。帰りも気をつけて下さい。しかし、日曜日の夜は帰りの新幹線混んでるなあ。

点は取れるようになりました。現状個人技頼みのみなのが気になりますが、ピチブー、寿人のコンビはここ数年で最高です。後はフリーキックが入れば今年はワクテカですな。

一方、今日は中盤が消化不良であることに全ての問題が集約されてました。クリアしないといけない約束事多すぎなんじゃないですかね?浩司やベットがパニックになってストロングポイントがまったく出ていませんでした。ここでプレスに行く、ここでボールを取りに行く、まったくばらばらですね。加えて真ん中のカズと戸田もDFラインの前でコースをきっちり切れないんですよ。

その結果両サイドはえぐられておりました。最終ラインにも負担かかり過ぎです。たまに奪ってもダイレクトパスのミスでイーブンボール、放り込んでみてFWにまかせただったりと得点は2人の個人技でございます。

後半はハンジェの献身的なチェックと大木のFWと中盤をちょうつがいのように繋ぐ、持ち味の出た動きで持ち直しましたが、そもそも今年は、去年限界を感じた形頼りのサッカーから、MF4人のアイデア豊富な有機的な動きで中盤を支配し、相手を崩して決定力ある2人を生かすサッカーにするというのが今日見た限りでの監督の理想みたいなので、後半の戦術では去年の延長線でしかないわけです。

かといって、守備の約束事はまだまだこれからという現状でどうやって3月シリーズで勝ち点拾っていくのか。苦戦し続ければ自信も無くなる中、どこに妥協点があるのか。今日の試合で期待できるチームに近づいているという感触を得ましたが、逆に今年は一歩間違うと怖いです。

とうだうだ考えられるのも開幕したからですな。今年も存分に楽しむことにします。

|

« G大阪-浦和 | トップページ | 突っ張りマニア »

コメント

遠征お疲れ様でした。ホーム開幕を落とすと言うのは34試合の一つとは言え、きついものですからね。今シーズンを占うと言う事でも、見る側に取っては力が入ります。ウエズレ-、良さそうじゃないですか、4対3と言う荒れた試合になりましたが、中々面白かったですよ。切り替えて次ですよ、次!

投稿: キース | 2006年3月 7日 (火) 11時51分

かなり遅くなりすみません。

ウエズレイはかなりよさそうです。ただ、なんとか3月勝ち点拾っていかないと、自信を失ってずるずるというのが怖いですね。

投稿: やす | 2006年3月20日 (月) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6796/929258

この記事へのトラックバック一覧です: 広島-鹿島:

« G大阪-浦和 | トップページ | 突っ張りマニア »