« 高円宮杯全日本ユース | トップページ | マリノス−大宮 »

2006年8月20日 (日)

アジアカップ覚書

目前の試合にしか注目できていないので、自分の整理用としてまとめておきます。つか、なんで前回優勝国がサウジと予選するんだろうというのがきっかけ。どんなレギュレーションで何カ国本戦行けるのかと思いまして。

一応、ここを参考に

アジアカップ2007はインドネシア、マレーシア、タイ、ベトナムの4カ国共催で行われます。

予選はAからFまでのグループで各4チームづつ。組み分けは以下。

グループA 日本、サウジ、イエメン、インド

グループB イラン、韓国、シリア、台湾

グループC ヨルダン、オマーン、UAE、パキスタン

グループD バーレーン、クウェート、レバノン、オーストラリア

グループE 中国、イラク、シンガポール、パレスチナ

グループF ウズベキスタン、カタール、香港、バングラデシュ

各グループ上位2チームが本戦出場です。加えて開催4ヶ国を合わせた16チームが2007年7月7日から29日の本戦に参加。(今回は前回優勝国の予選シード無し)

本戦は16チームを4つに分けた1次リーグにて2チーム勝ち抜け。8チームによるトーナメント。により争います。

オーストラリアも参加なんですね。Dは厳しいというか、レバノン大丈夫なのか?

というわけで最悪2位に入れば本戦です。慌てなくてもアウエイ引き分けでいいですな。

調べてたら発見。ヴァレリーは今ウズベキスタンの監督なのね。いまさらどうだという感慨はないけど。

|

« 高円宮杯全日本ユース | トップページ | マリノス−大宮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6796/3126593

この記事へのトラックバック一覧です: アジアカップ覚書:

« 高円宮杯全日本ユース | トップページ | マリノス−大宮 »